ヘッダー画像

AV女優募集 面接

バイトや就職の会社の面接とは大きく異なります

ジャンルは異なれど就職活動においてもっとも重要になるのは、あたり目のことですが面接です。 やはり、一般的な企業に入社するにあたっては入社試験が実施されることがありますが、それよりも面接での言動や対応、振る舞いなどが採用、不採用に大きく関わってくるのです。 これはAV女優募集しているプロダクションでも同じことが言えますから、今後AVの世界で頑張りたいと考えている方はしっかりと対策をしてから臨むようにしましょう。 ここでは、今後AV女優のスカウトをしている会社に応募したいと考えている方のためにです。 このように面接におけるポイントをいくつかご紹介しようと思います。 トラブルは、多いのはやはりセクシータレントの女優のオーディションしているような媒体の大手メーカーの面談ではどのようなことが行われるのか、という疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。 これは会社によってまちまちですが、基本的には面接はヒアリングシートに個人情報をここで記入したりします。 どのような仕事を希望しているかなどの聞き取りを行っていきます。 また、このときにどのようなAV女優募集の会社なのか、面接のシステムがどのようになっているのかなどをしっかりと説明してくれると思いますから、分からない部分については何度でも確認するようにしましょう。 ここで聞き逃さないようにメモなどしておくと良いかもしれません。

契約書や面接の際にサインを簡単にはしないようにしましょう

今の時代は、以前とは大きく変化していますので、今現在でAV女優募集をしている企業の面接に落ちてしまうということはほとんどないと考えて良いですが、それでもすべての方が採用されるかと言えばそうとも限りません。 AV女優から芸能界に転身し活躍した方もいますから、今やセクシー女優になりたいと考える女性は大勢います。 そのため、現在では女性が供給過多状態と言っても過言ではないのです。 プロダクション側では少しでも作品のクオリティを高め、人気のタレントとなれるような人材を求めていますから、誰でもあっさりと採用しているということではありません。 面接から採用されるためには自分なりに特技などをアピールしたり、熱意を見せることも大切です。 この辺りは一般的な企業における面談でも同じことでしょう。 採用担当者が「この子はちょっと・・・」と思っても、こういった熱意をアピールすることでAV女優募集で採用となるかもしれませんし、試験的に採用してもらえる可能性もあります。 AVだから採用されて当然と考えるのではなく、採用してもらえるような努力をすることも大切です。 さきほどもお伝えしたように、現在ではこの業界への敷居が非常に低くなっていますし、アルバイト感覚で面接に参入してくる女性もたくさんいます。 そうした状況の中で採用されるにはそれなりの努力も必要となってくるのです。

大きなプロダクションの面接でも安心はしない事

AV女優募集しているメーカーはたくさんありますから、面接は人によっては複数のプロダクションに所属して掛け持ちしたいと考える方もいるかもしれません。 通常のアルバイトなどだと掛け持ちは普通に行われていますし、AVでも大丈夫だろうと考えてしまう方もいるかもしれませんが、これは基本的にNGとなります。 面接のときには他の事務所に所属していないかどうかを聞かれると思いますが、このときに虚偽の申告をしてしまうと後々トラブルに発展することも考えられますから注意しましょう。 多くのエージェントでは、18歳以上で健康な女性なら誰でも随時面談を受け付けているという状況です。 年齢制限なども特になく、未経験の方や主婦、副業としてやってみたい方なども気軽に募集していることが多いですから、この面接はあまり構えることなく軽い気持ちで応募してみると良いかもしれません。 もちろん、AV女優募集の仕事はそれほど簡単なものでもありませんし、ときにはツラいこともあるかもしれませんが、その分充分な稼ぎとやりがいを得ることができるでしょう。 芸能界に入りたい、面接からお金がほしいなど理由は人によってさまざまです。 基本的にはまずは最初の一歩を踏み出してみることです。

AV女優募集~一回だけでも安全な大手の事務所やプロダクションへ